OcO’s KAKI-PPANASHI

オシオトシマサの書きっぱなしジャーマン

仕事でミスったり、気分が落ち込んだりした時に見るふっかつのじゅもん(自分用)

おはよーございます。

みなさんふっかつのじゅもんてご存じでしょうか?

太古の昔にファミコンというゲーム機で発売されたドラゴンクエスト2というゲームソフトがありまして。

今では遊んでる最中に勝手にデータがセーブされるので、いつゲームを中断しても、やめた地点からすぐに再開できるのですが、太古の昔にはそんな便利なシステムは存在していなくて、なんとゲーム画面に表示される文字をメモしておいて、ゲームを再開するときにその文字を打ち込む必要があったんです。要するにセーブデータを自分で打ち込むようなもんなのですが、その仕組みの名前が「ふっかつのじゅもん」。

ゲームの世界に則ってじゅもんというテイですが、じゅもんの長さが四文字とかいう次元じゃなくて40文字くらいはあったようにおもいます。文字に規則性はないので、暗記とかは不可能です。たしか全部ひらがなだったかな?

1文字でも間違えると2度と再開できないんですよね。ろとるとか字が汚いとどっちかわかんない地獄で途方に暮れた人結構いるはず。。

前置きが長くなってしまいました。

ここから本題なんですが、仕事でもプライベートでも、こりゃ失敗したー!てことは、どうしても起きてしまうことがありまして。

そんなとき、失敗する前に時間を巻き戻すことはできないですが、たとえばふっかつのじゅもんみたいに、またやり直そう!って考え直すための言葉たちを自分のふっかつのじゅもん風に書き残してみたいと思います。

やってだめならやらなきゃいいやるこうかいよりやらないこうかいしぬこといがいはかすりきずじかんはまえにしかすすまないからたちどまっていたらもったいないしれんはのりこえられるひとにしかあたえられないぴんちはちゃんすぺぺぺぺぺ

ぺぺぺぺは意味ないですけど、ふっかつのじゅもんでこんなんあったなあと思って最後に追加してみました 笑

まさかの本題のが文章短いというオチですが気の向くままに書く記事も楽しいので個人的には満足です😁

では、また!